北折生人不動産事務所がお伝えする不動産買取の基礎知識

0587-96-7300 愛知県丹羽郡扶桑町大字柏森字長畑437番地

お問い合わせ
無料査定はこちら

MENU

不動産を早く売りたい
(不動産買取)

スピーディーに物件を売却できる不動産買取

「所有している不動産物件を今すぐ売却して現金化したい」「住み替えを予定しているが、ちょうどいいタイミングで売却できないと面倒」。こうしたご要望をお持ちのお客様は、不動産買取をご検討ください。こちらでは、丹羽郡(大口町・扶桑町)・江南市・犬山市で不動産売却を手がける北折生人不動産事務所が、不動産買取の基礎知識をご紹介します。

不動産買取とは?

不動産買取とは?

不動産買取とは、不動産会社が買主となり、売主様から直接不動産物件を買い取る方法です。
たとえば引っ越し先が決まっており、引っ越しのタイミングもずらせない場合。特定の期間で売却が成立しなければ、住宅ローンの二重払いが起こったり、仮住まいの用意が必要になったりといった事態に直面することとなります。
不動産買取であれば、不動産会社が柔軟に買取のタイミングを調整してくれます。必要なときに収入が得られ、かつ計画的に住み替えを進められます。
また、今すぐに不動産を現金化しなくてはならない、といったニーズにも対応できます。これは買主様ありきの仲介売却に比べて、非常に大きな魅力です。

不動産買取が持つ4つのメリット

仲介手数料不要

不動産売却で仲介手数料がかかるのは仲介売却に限ります。不動産会社が直接買い主となる不動産買取では、仲介業務は発生しないため、仲介手数料は不要。収支がシンプルになります。

短期間での現金化

仲介売却の場合、買主様が決定するまでにある程度の期間を要します。これは、販売活動や交渉に時間がかかるからです。一方、不動産買取の場合には不動産会社と売主様との間で合意が取れれば、不動産の即現金化が可能です。

瑕疵担保責任の免責

個人に不動産物件を売却した場合は、瑕疵(一見しただけでは分からない欠陥)が後に見つかった場合、売主様がその回収費用などを負担する必要があります。一方、不動産会社への売却では瑕疵担保責任が免責になります。

内覧の手間なし

仲介売却では購入希望者様の要望に応じて、内見対応が発生します。物件を魅力的に見せるためには、室内の整理整頓・清掃が必要です。それに比べ、不動産買取は不動産会社に物件を見せるだけなので、現状引き渡しが可能です。

不動産買取の流れ

売却相談
まずは不動産会社に売却相談を行います。ここで、仲介売却や不動産買取などのなかから、それぞれに最適な方法を提案してもらいます。なお、判断のためには売主様ご自身の要望をしっかり不動産会社に伝え得ることが大切です。
査定依頼
どの方法を用いるにせよ、まずは不動産の正しい価値を知ることが大切です。その内容を見たうえで、仲介か買取かを選択しましょう。もし不動産買取を選ぶ手続きを進める場合は、条件面なども話し合ってください。
売買契約
提示された買取金額に納得したら、不動産会社との間で売買契約を締結します。不動産買取の場合は、売主様の都合に合わせて引き渡し時期の調整も行えますので、希望があれば何でも伝えてみましょう。
引き渡し/残代金の授受
不動産会社に物件を引き渡します。なお、住宅ローンの残債がある場合は、抵当権の抹消手続きが必要です。

to top

お問い合わせ
無料査定はこちら

無料相談・無料査定はこちら